消費者金融系ビッグキーワードで1位表示だと文字数14000字前後。上位競合ページ群に自ページの文字数を揃える理由

消費者金融系の某ビッグワード1位の文字数

消費者金融系のビッグキーワードで1位をとっているページの文字数は、14、000字前後。
あらゆる金融系ビッグキーワードが14000字というわけではないので勘違いしないように。

そういうキーワードも存在するというだけの話。
記事の文字数が3000字~4500字程度のビッグキーワードも存在する。

超長文記事の大変さ

ちなみに私が昔、うち(トンケン経営研究所)の旧メインブログで書いていた記事の文字数が、だいたいこれくらいだった。

たかがブログの記事で14,000字なんて馬鹿げた話だが、それくらいの文字数で記事を書いていた。
まぁ、あれはSEO実験を兼ねてそうしてただけだけど。

このレベルの文字数になると、記事を書くのも大変だが、あとから修正・編集するのもメチャクチャ大変になる。
その時の手間・労力・コストを考えると、記事を量産するブログで14,000字のテキスト文章を書くのは、今だと尻込みする。

14,000字前後の記事の制作の「大変さ」を身に染みて分かっているので、今、14,000字の記事を書けと言われれば恐怖を覚える。
身体がこわばって拒否反応を示してしまう文字数^^;。

今でもブログで書こうと思えば書ける文字数だが、書きたくないな。

ヘッドキーワードで1位固定を狙うなら、文字数の最適化

ヘッドキーワード(競争あるキーワード)で1位を狙って行くグレーハットサイト(自演リンク使用)でなら、14,000字くらいの記事を書いてもいいけど。

テールキーワード(競争が緩い、競争がないキーワード)で1位や上位を狙って行くホワイトハットサイト(自演リンク不使用,このブログ)では、14,000字の記事などとても書く気にはならない。
ホワイトハットサイトなら、書いても3000字から4500字くらいが上限だろ。

ホワイトハットサイトの目的はあくまで「テールキーワード集客」(検索クエリの1/3)だから。
そのテールキーワードでアクセスを集めるにあたって、6,000字や9,000字や12,000字の記事など必要ない。

労力と時間とコストの無駄。
では、「ヘッドキーワード集客」(検索クエリの2/3)が目的のグレーハットサイトならどうか?

上位ページ群との差別化のために7,000字や10,000字や13,000字の記事を書いて行くのも1位を狙うキーワードによってはあり。
ビッグキーワードとかであれば、それくらい文字数を盛った方が、1位表示への近道になる場合はある。

ヘッドキーワード(=ビッグ+ミドル+スモール)の中でもスモールキーワードを狙って行くなら、3000字から4500字くらいで良い。
ミドルキーワードを狙って行くなら、難易度が上がるから(競争相手が増えるから)6,000字~9,000字くらい文字数を盛るのもアリ。

ヘッドキーワードに関しては、文字数は一律3000字~4500字というものでは無く、狙うキーワードの難易度で、文字数は最適化して(変えて)行くことになる。

グレーハットサイトは記事量産は不要、文章量調節は必要

テールキーワード(ロングテールキーワード)を狙うホワイトハットサイトとは違い、ヘッドキーワードを狙うグレーハットサイトでは、記事の量産は必要ない。

1キーワードだけ狙うなら、1ページだけのペラサイトでも良い。
3キーワード狙うなら、3ページのスモールサイトで良い。

10キーワード狙うなら、10ページ構成の小規模サイトで良い。
これがグレーハットサイトの特徴で、記事の量産は必要ない。

1位を狙うキーワードの数だけ、ページ数を用意すれば良い。
記事量産をしなくていいから、楽っちゃ楽だろう^^。

但し、1位表示されるまで被リンクを新たに送り続けないといけないので、記事量産は不要だが「被リンク量産は必要」。
この被リンク量産に関しては楽ではない。

だから、被リンク対策はプロ(業者)に任せるわけだが。

ヘッドキーワードで1位固定を実現するコツ・ノウハウ

あともう一つ補足しておくと、「1位表示されるまで被リンクを送り続けるば良いわけではない」。

新規被リンクの供給を止めれば、しばらくして順位はジワジワと落ちて行く。
新たに支持(リンク)を獲得しなくなったページも当面は1位や上位を保てる。

しかし、所詮は「過去に支持されていたページ」なので、ジワジワと順位を下げて行く。
今、支持されているページには、今、新たに被リンクがつくのだよ。

支持され続けているかどうか(新たに被リンクがついているかどうか)をGoogleアルゴリズムが評価している。
不動の1位表示(長期間1位表示しっぱなし)を実現したいなら、1位表示されても被リンク対策(新たに被リンクを送ること)は止めてはいけない。

特にビジネスサイトの場合はそう。
ビジネスサイトの場合は、順位が落ちればビジネスに大きな影響が出るから、1位表示を達成しても被リンク対策はやり続ける必要がある。

アフィリエイトサイトの場合はケースバイケースで、別に1位から落ちてもそれくらいでは死にはしないので、1位をとれたら被リンク対策をやめるのもありだろう。
ただ、ずっと1位を維持したいなら、被リンク対策は続けた方が良い。

記事の最適な文字数は、競合ページ群の文字数で決まる

話を戻すが、グレーハットサイトにおいては、記事を量産しない代わりに、各記事の文字数は「最適化」(SEO)の観点から必要に応じて調節した方が良い。
テールキーワード集客中心のホワイトハットサイトでは3000字~4500字あれば、文字数は「十分」。

だが、ヘッドキーワード集客中心のグレーハットサイトでは3000字~4500字では文字数が足りなくなる場合もある。
文字数が足りなくなるかどうかは、貴方が1位を狙っているキーワードでの競合ページ群の文字数で決まって来る。

その時のGoogleアルゴリズムが文字数増加を高く評価するアルゴリズムなら、自ページの文字数増加は避けられない。
文字数増加をそれほど評価しないアルゴリズムであれば、競合ページ群がみんな1万字越えの中でも、自ページは3000字~4500字くらいで戦うのもアリになる。

戦いの最終的な決着は「被リンク」で決まる。
文字数の多さをあまり評価しないアルゴリズムであるならば、自ページだけ3000字であっても競合ページ群に勝つことはできる。

だが実際のところ、記事の文字数の最適なラインに関しては、その時その時のアルゴリズムで変わってしまうので、何とも言えない。
ただ一つ言えるのは、文字数の多さを高く評価するアルゴリズムになったときには、自ページだけ3000字~4500字程度の文字数だと、被リンクだけではカバーしきれずSEOの戦いで負ける可能性は高くなるということ。

どんなアルゴリズムに切り替わっても、1位を維持しようと思うなら、競合ページ群と同じくらいの文字数の記事に仕上がて行く事は意識した方が良い。
あくまでヘッドキーワードで1位固定や上位固定を狙う場合の話ではあるが。

だから、ヘッドキーワードで1位を狙う場合は、既に上位に入っているページ群のコンテンツ(記事本文)の文字数はチェックしておいた方が良い。
その結果、上位ページが皆6000字ラインであったなら、自ページも6000字ラインでそろえて行くような戦い方が好ましい。

あとは、「被リンク」(被リンクの量産)で勝負すればいい。
記事の「文字数」に関してはSEOに多大な影響を及ぼすので、少なくともライバルページ群と同程度の文字数の記事は用意することが肝要だ。

中文の方が検索者の利益になるが、Googleは長文重視

ちなみに当記事は3700字程度。
正直、こんなに長文を書く気はなかったんだが、書いているうちに自分のなかで盛り上がって来て(書く勢いがついて来て)しまって、文章が長くなってしまった^^;。

しかし、3000字台の記事は長いな。
自分で読み返してて(編集してて)途中で嫌になるレベルだ^^;。

こういう長い文章(長すぎて読むのが嫌になるレベル)を優遇するのがGoogleアルゴリズムなんだけど。
個人的には長文が検索ユーザーの利益になるとは思っていない。

可能な限りコンパクトにまとまった中文(※長文>中文>短文)の方が、検索者の利益になる。
読者も労力や時間を吸われずに済むし。

が、Googleアルゴリズムに従わないと1位固定・上位固定が難しいので、「SEO対策」としては長文を推奨したりする次第。
本意ではない。

ちなみに冒頭の14,000字の記事はこの記事の文字数の約4倍^^;。
3,000字でもクソ長いのに、その4倍以上。

そんなものを誰が読むのか?というレベルだが、そういうのが上位表示されるのだよ。
Google検索エンジン(Yahoo検索エンジン)では。

超長文を冷遇するアルゴリズムなら、14,000字もある記事は上位表示できなくなるのだが、Googleが優遇するから、こういうのが上位に来る。
ま、情報が網羅されていて質も高いなら、20,000字の記事でも検索者の利益にはなるので、別に問題ないが。

Wikipediaがその例だろう。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする