SEO対策ブログでネタ切れは起こる?ノー。検索エンジンやアルゴリズムが変化し続けるせいで記事ネタは絶えない。気づく能力

ネタが切れない理由

SEO対策ブログは書き続けるとネタ切れするといわれるが、そんな事はまずない。
なぜなら、SEO対策の対象となる検索アルゴリズム(Googleアルゴリズムなど)が進化し続けるから。

まぁ、正確には進化というか「変化」なのだが。
検索アルゴリズムが進化し続けるなら、素晴らしいのだが、開発過程で検索アルゴリズムが「退化」することも「よくある」。

進化であれ退化であれ、検索アルゴリズムが変化すれば、SEO対策のやり方はそこで変わる。
そのたび毎に、今の「検索エンジン環境はこうなっている」「いま通用するSEO対策手法はこうだ!」みたいな最新情報記事(ネタ)が書ける。
なので、ネタが尽きるといった事はSEO分野においては起こり得ない。

検索アルゴリズムだけでなく、検索エンジンそのものの「性能」(Googleのクロール能力とかBingのインデックス能力とか)や、検索アルゴリズムではなく「検索エンジン人工知能」(検索エンジンAI)、SEOツール(Search Consoleや其の他SEO分析ツール)、人工知能ライター(人工知能が書いたAI記事,テクノロジーの変化)など、検索エンジン周りの構成要素がどんどん「変化」(進化・進歩したり退化・劣化したり)して行くので、最新情報(ネタ)が絶えることはない。
検索エンジン周り(検索エンジン世界)の様々な方面で変化が起こっているので、そういった様々な変化を感じ取れる能力がSEO対策ブログの情報発信者(ライター)にあるならば、書く記事のネタが尽きるなどという事は起こり得ない。

気づきがネタになる

SEOでは情報収集も確かに大事だが、もっと重要なのは今、検索エンジン世界の中で起こっている変化に自ら「気づく」事。
気づく能力を高めて、そして実際に変化に気づいて、それの気づきをネタにしてSEO対策記事を書いて行けばネタが無くなるなどということは起こり得ない。

その辺に転がっている他人他社のSEO情報を収集してそれらを咀嚼して自分のものにして、自分の言葉で記事を書いて行けば、それだってちゃんとしたネタだ。
ただ、情報収集して学んだことをまとめて記事して行くよりも、「気づいたこと」をネタにして記事を書いていく事の方が大事だが。

自ら気づく事ができる人は、「気づき」が全て記事ネタになるので、書く内容でネタ切れなんて起こりようがなくなる。
この「気づき」(気づく能力)があれば、最新SEO対策情報記事など腐るほど書ける。

変化し続ける検索エンジン環境で「書くネタがない」というのは、「私には気づく能力がありません」と宣伝しているのと同じなのだよ。
気づく能力がなくても、他人他社のSEO情報を収集していれば、それらの情報をベースに自ブログで記事は生産できるのだから、ネタ切れなど起こるわけがない。

それでもネタ切れが起こるなら、ようは「情報収集すらさぼっている」のだよ、その人は。

飽きるとネタがあっても記事は書けない

ただ、私もそうだったがSEO分野に飽きてしまうと、記事(ネタ)は書けなくなる。
飽きてしまうと、全く筆が進まなくなる。

椅子に座ってPC画面と向き合っても、一向に指は動かなくなる。
1時間2時間とパソコン画面と向き合っていても、ネタはあっても、1行も書けなくなる。

指が動かないので、記事(ネタ)は書けないと^^;。
この場合は、ネタ切れとかそういう次元の話ではなくなる。

基本的に「飽きたら試合終了」。
飽きてしまったら、そこで試合が終了してしまうので、他のライターに記事執筆は任せるか、ブログ更新を止めるしかない。

「飽きない,情報収集,気づき」と「実践」でネタ尽きず

まだ飽きてなくて、他人他社のSEO情報を収集しているなら、基本的にネタ切れは起こらない。
そこにプラスで「気づく能力」があれば、ネタ切れに陥ることなど、ほぼ不可能になる。

検索エンジン世界は絶えず変化している。
気づく能力が高いと、その変化に嫌でも気づいてしまう。

変化が自然に目についてしまう(入って来てしまう)。
その気づきをただSEO記事(ネタ)にすればいい。

それだけ。

仮に1サイトしか運営してなくても、ネタが尽きることはない。
それくらい検索エンジン周りは変化している。

そこを、多数のサイトを運営しているなら、どうして書く記事のネタが尽きようか?^^:
絶えず多数(※正確には大量)のサイトを運営し続けて、ホワイトハットSEOとグレーハットSEO(自演リンク使用)の両方を実践し続けているならば、書くネタが尽きるなどという事は、まず起こり得ない。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする