同じIPアドレスのサイト群を調査する方法。同一Webサーバー内に格納の同居ドメインの調べ方。検索演算子「ip:」

Webサイト群が格納されている「Webサーバー」には、それぞれ「固有のIPアドレス」と呼ばれる番号が割り振られている。
このIPアドレスから、そのWebサーバーに格納されているWebサイト群(独自ドメイン群)を割り出す事ができる。

そのために使うのが検索演算子「ip:」。
この「ip:」を使えば、同一IPアドレス内に同居しているサイト群(独自ドメイン群)を、芋づる式にあぶりだす事ができる。

たとえば、「175.28.4.3」というIPアドレスなら、「ip:175.28.4.3」とBing検索に入力して検索すれば良い。
その検索結果がこちらである。

検索結果 ⇒ Bing検索エンジンで「ip:175.28.4.3」で検索

根っこ(IPアドレス)を同じくする芋(Webサイト群,独自ドメイン群)が、サツマイモのごとくザクザクと「大量」に出て来るのが分かる。(※これが本当の芋づる式^^;)
ちなみに、この検索演算子「ip:」はGoogle検索やYahoo検索では使えない。

自分の使っている共用サーバー(IPアドレス)にどんな同居サイト(同居ドメイン)が居るのか知りたい時などには、この検索演算子「ip:」は使える。
もちろん、そのほかにも「分析」や「調査」などで「ip:」検索は使える。

ちなみに自分のサイトや自分のドメインの「IPアドレスを知りたい」場合は、こちらのWhois検索を使えば調べられる。
https://www.cman.jp/network/support/ip.html

上記サイトで、IPアドレスを調べたい独自ドメインを検索窓に入力して検索ボタンを押せば、その独自ドメインのIPアドレスが表示される。
ただ、もっと簡単にIPアドレスを調べる方法もある。

PCのWebブラウザでFirefox(Mozilla)を使っている人であれば、Firefoxにアドオン(機能)をインストールすれば、楽にIPアドレスがチェックできる。
今見ているサイトのIPアドレスをアドオンバー(ブラウザ画面下部)に表示してくれる拡張(アドオン,機能)が幾つも存在するので、それらを使えば良い。

アドオン(機能)は下記Add-onsサイト(アドオン集)で見つかる。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/

FirefoxはSEO作業やアフィリ作業でかなり使える。
私は昔からずっとFirefox派。

ファイヤーフォックスのダウンロードはこちら
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

ただちょっと最近はブラウザに不具合が多いのが気になってはいるが^^;。
昔より品質が落ちた感は否めないが、それでも私の中ではナンバーワンブラウザ。

ちなみに、「検索エンジン会社」Googleが作ったChromeは、Firefoxの代替には成り得ない。
グーグルが作ったブラウザ下でサテライトサイトの生産作業をするのは、ちょっとあれだ^^;。

それはさすがに危険。
SEO面での様々なリスクが高まってしまう。

余談だが、上記リンク群はどれも「URL」をアンカーテキストにしてリンクを張ってある。
このURLが「日本語URL」だった場合は、リンクする時にページの見栄えを損ねるので、そうはいかない。

英数字にエンコードすると、異常に長い文字列のURLになってしまうため、「URLをアンカーテキストにしてリンク」してもらえなくなる。
つまり、ペナルティを受け辛いアンカーテキストでリンクしてもらえなくなるという事。

これはSEO上、かなりのマイナスになる。
URLが英数字で構成されていれば、上記リンク群のように、URLをアンカーテキストにしてリンクしてもらえる。

内部対策(内部SEO)だけでなく「被リンクSEOまで意識」するなら「英数字URL」を使うことをおすすめする。
日本語URLは「被リンクSEOの段階」で不利になるので、極力使わない方が良い。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする