新規ドメインの新ブログ開設から1か月経過。6・7割はSNS経由でトラフィック流入。検索エンジンからのアクセスは?

新規ドメイン(独自ドメイン)で当ブログを開設してから今日でちょうど1か月経過した。
今のところ当ブログへのアクセス(=トラフィック)の6割から7割くらいはTwitterなどのSNSから。

新ドメインでブログを開設して1か月目だが、トンケン経営研究所のメインブログの月間アクセス数は超えた。
メインブログは10記事しか入れてないので、抜くのは容易で、実際簡単に追い抜いてしまった^^;。

トンケン経営研究所のメインブログは2014年9月1日に作ったが、入れた記事数は10記事くらい。
今日は2016年7月25日だから、23か月で10記事投稿のペース。

ちなみに当ブログはこの記事で16記事目。
記事数でもトンケン経営研究所のメインブログを1か月で追い抜いた。

めずらしくハイペース。
たぶん、私の初代ブログ(トンちゃんウェブログ,2008年前後~2010年前後)以来の更新ペース。

あのころは2日に1記事ペースで更新していたと思うが、それと同じくらいの更新ペースだ。
あと、1記事だけちょいとバズったので、その影響でアクセス数は予定より膨らんだ。

バズらなくてもトンケン経営研究所のメインブログの月間アクセス数は超えているが、ぷちバズったのでアクセス数(トラフィック)が嵩上げされた。
プチでもバズはバズなので当然ながら、ナチュラルリンクも少しついた。

当ブログの検索エンジンからのトラフィックに関してはまだこれからといった感じ。
ブログ内の各ページ(URL)のインデックス対策はPingとPubSubHubbubだけで、ほかには何もやらず放置していた。

各記事ページ(URL)のインデックス状況を2・3日前にチェックしたら、殆どの記事ページ(URL)でインデックス登録が進んでいなかったので、「あれ」を使って即時(1秒~5秒)でインデックス化させた。
で、インデックスされたら、その日のうちに検索エンジンから訪問者がやって来た。

それもあるので、検索エンジンからの流入もここ2・3日は増えている。
ぷちバズったページ(URL)がインデックス登録されてなかったのは、ちょっとアレだったけど^^;。

ま、そんなもんだよ、新規ドメインの新規サイトは。
新しいドメインを取得して、そこに新しいサイトを作った場合、初期の検索エンジンからの評価はこんなもん。

ぷちバズってナチュラルリンク(自然被リンク)が複数ついても、そのページ(URL)がインデックス登録すらされないこともある。
当ブログがその実例。

それでも数か月経過してエイジングフィルターが弱まってくれば、こんな新ドメインの新ブログでも結構検索エンジンでヒットするようになる。
それまでの間は、定期読者(固定読者)やSNS経由のトラフィック流入が当ブログのアクセスのメインとなる。

そして、エイジングフィルター(足枷)が外れれば、検索エンジン経由の流入が当ブログのアクセスのメインになって行く。
定期読者(固定読者)に関しては、当ブログはブログテーマを「SEO」に絞って記事を書いているので順調に増えている。

テーマを絞って記事を書いて行くと、わりと直ぐに定期読者(固定読者)がつき、増えて行く。
逆にテーマを絞らずに雑記ブログ(なんてもブログ,ごちゃまぜブログ)的に記事を書いて行くと、あまり定期読者(固定読者)はつかない。

一応書いておくと、当ブログは私の「個人ブログ」という位置づけでSEOブログではない。
今のところは「SEO」にテーマを絞って記事を書いているので、SEOに関心のある人達が集まって来ているというだけの話。

ブログ運営の方向性としては、当面はドミナント的に(ドミナント戦略の如く)SEO関連の記事を集中投下して行く。
記事を書いていく「テーマ」をドミナント戦略でいうところの地域(エリア)と看做し、特定地域に兵力(記事)を集中させていく。

そして、そのエリア(テーマ)で十分な力を得たら、別の相乗効果の見込める他エリア(テーマ)にまた集中的に記事を投下して行くようなイメージで、Web上で勢力を拡大して(プレゼンスを上げて)行く。
その各エリア(テーマ)というのが、当ブログで言えば「カテゴリー」なわけだ。

だから、カテゴリーは重要なのだよ。
個人ブログの場合、扱うテーマは一つである必要はない。

複数のテーマを扱っても問題ない。
その各テーマを扱うのが各カテゴリーなのだよ。

昔は1ブログ1テーマといったが、別に1ブログ10テーマでもSEO的には問題ない。
では、10テーマ扱うなら、そのテーマをどこに設定するのか?

それがカテゴリー。
1カテゴリー1テーマで個人ブログを運営して行くイメージ。

10カテゴリーなら10テーマ。
ま、とりあえず初代ブログ(トンちゃんウェブログ)の時と同じくらい今やる気に満ちているので、また頑張ろうとは思う。

「思う」だけで終わらないようにしたいところだ。
話がそれたが、新規ドメインを取得して、そこに開設した新しいブログの場合、初月は検索エンジンからのアクセスは殆ど見込めない。

それが普通なので、新規開設してから1か月目は別に検索エンジンからアクセスが来なくても焦る必要はない。
ただ、坦々と新規記事を投稿して行けば良い。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする