上位表示に必要な「記事の文字数」は?検索エンジンからアクセスが集まる文章量。コンテンツのSEO対策,長文SEO

検索エンジンからアクセスを集めるためには、実際に検索されているキーワード群で上位表示(10位以内表示)または1位表示しなければならない。
そこで重要になってくるのが上位表示させようとしているページの記事本文の「文字数」(文章量)。

ちなみに「記事本文」および「記事タイトル(記事見出し)」のことを一般に「コンテンツ」と呼ぶ。
このコンテンツの「記事本文」の「文字数」がSEOではキーになって来る。

この文字数が少なすぎると上位表示(1位表示)させる事が難しくなる。
では、2016年現在だとどれくらいの文字数(文章量)が必要だろうか?

これを調べるのは簡単で、検索から膨大なアクセスを集めているサイト(ブログ)に行って、サイドバーに並んでいる「人気ページ一覧」の各ページの文字数を実際に数えればいい。
人気ページの記事本文をコピーして、文字数カウントツールに貼り付ければ、文字数が表示される。

それを多くの人気ページで繰り返せば、そのうち、上位表示に必要な文字数の平均値が、頭の中に浮かんでくるだろう。
また人気ページでなくても、上位表示させるのが難しいキーワードで実際に検索結果で上位表示されているページ(URL)の記事本文をコピーして、文字数カウントツールに貼り付けて、文字数を調査してもいい。

そういった事を繰り返して行くと、検索エンジンで上位表示(1位表示)しアクセスを集めるのに必要な文字数が分かって来る。
で、さきほどの繰り返しになるが2016年現在だと検索上位表示にどれくらいの文字数(文章量)が必要だろうか?

だいたい、3000字台~4000字台前半くらい。
これくらいの文字数(文章量)の記事群が、検索エンジンからアクセスを集めている。

ちなみに私の記事は、ここまで書いて700字くらい。
だから、検索エンジンからアクセスを集める記事にするには、あとプラスで2300字~3500字前後くらいは、文字数(文章量)を盛らないといけない。

が、これ以上、このテーマで書く事は無いので、ここでお仕舞と^^;。
べつにこの程度の文字数(文章量)でも、時間が経過すれば検索にはカスるようにはなるので、これでもいいのだよ。

ただ、ガンガン検索エンジンからアクセスを集めたいなら頑張って3000字~4000字前半くらいの文字数(文章量)の記事を書いて行った方が良いのは確か。
コンテンツのSEO対策の一つに記事本文の「文字数」(文章量)というのがあって、2016年の現状だと求められる文字数は三千字~四千字台前半くらいだよという話。(文字数のSEO,文章量のSEO)

なんとか話題を引っ張り頑張って1000字まで盛ってみたが、もう満足したのでこのあたりで筆をおきたい。
本当はこの記事でも書こうと思えば3000字や4000字くらいは余裕で書ける。

SEO関連のネタや知識は沢山あるし、独自性(オリジナル性)も幾らでも出せるのだが、今はそこまで頑張って記事を書きたい気分でもないので、ここらでお仕舞。
知識やネタを多く持っている人は長文を書くのは余裕、知識やネタが少ない人は長文を書くのは大変だろう。

だから、長文SEOでは日頃の情報収集や勉強や研究がものをいうのである。
知識やネタを自分の中に増やして行く事もコンテンツのSEO対策に繋がって行く。

ちなみにコンテンツのSEO対策では「独自性」(オリジナリティ・オリジナル性)も重要になる。
競争相手が多いキーワードを狙って行く場合、記事本文の中に出して行く情報や知識や文体などで差別化して行く事も重要。

さて、とりあえず、1400字後半まで盛ったので、三度目の正直で、ここで御終いと。
かなり引っ張って、1500字台まで文字数(文章量)を盛れたので満足した。

しかし、文字数SEO(文章量SEO)の要求水準には、まだ1500字~2500字前後くらい足りないが^^;。
それでは(^O^)/。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする